生後12か月から18か月までの離乳食レシピで有機野菜が必要なその理由とは 野菜本来の味について

生後12か月から18か月までの離乳食レシピで有機野菜が必要なその理由とは 野菜本来の味について

生後12か月から18か月までの離乳食レシピで有機野菜が必要なその理由とは 野菜本来の味について

 

離乳食はごっくん期、もぐもぐ期、かみかみ期と進んでいきます。生後12か月から18か月までをかみかみ期と呼び、バナナほどの固さのものが食べられるようになれば、歯茎で食べ物を噛む練習を行います。

 

離乳食は栄養を補給するのが目的ではなく、食べ物本来の味を知る、食べることは楽しいと知るといったことにあります。味覚、嗅覚、視覚を刺激する時期でもあるので、無理矢理食べさせることはしません。

 

ですが、かみかみ期には、ほとんどミルクや母乳を飲まなくなるので、食べ物から栄養を補給することも大切になってきます。

 

生後12か月から18か月までの離乳食レシピとしては、炊き込みご飯やうどん、ゆでた野菜スティックなどがあります。この頃になると自分でやってみたいという気持ちが芽生えてくるので、赤ちゃんが自分で持って食べられるようおにぎりにしたり、野菜をスティック状に歯茎でつぶせる固さまでゆでたりするようにします。

 

この時、2口か3口で食べられる量で作るようにしましょう。あまり多いと十分に噛むことをせず飲み込んでしまいますが自分が一口でどのくらい食べられるのか、ということや前歯でちぎり、歯茎で噛む、という事を覚えていくので、大人のような大きさではなく、小さめに作るようにします。

 

この時期になるとほとんどの野菜を食べることができるようになります。野菜も切り方によって食感が変わるので、様々な切り方で離乳食を作ると良いでしょう。マヨネーズなどの調味料も少しならば使うことができますが、野菜の味を知るためにはできるだけ薄味することが大切です。

 

特に有機野菜は野菜の甘味を感じることができるので、味覚を育てたい場合は、有機野菜や農薬をあまり使用していない国産の新鮮な野菜を利用するようにします。

 

離乳食後期は、自分で持って食べるということを頻繁にするようになります。このような時に野菜は大活躍をします。ゆでると野菜は色がはっきりとし、色彩感覚を養うこともできます。毎日口にするものであるので、新鮮で安全なものを選ぶようにします。