もぐもぐ期の離乳食レシピで有機野菜が必要なその理由とは 野菜本来の味について

もぐもぐ期の離乳食レシピ

もぐもぐ期の離乳食レシピで有機野菜が必要なその理由とは 野菜本来の味について

 

もぐもぐ期は離乳食中期で、生後7から8か月の頃を指します。

 

この時期は口を動かすことが大切で、食べ物を歯や舌でつぶし、飲み込む練習をします。

 

上手に飲み込むことができるようになるまで、段階をおって食材の形を変えていきますが、もぐもぐ期後期にはある程度の硬さになるよう計画を持って進めていくことが必要になります。

 

この時期の離乳食では、おかゆであれば7倍がゆ、食材の固さはお豆腐くらいとなります。

 

舌でつぶす練習でもあるので、始めのうちは嫌がらないよう、豆腐より固いものは控えるようにします。回数も1日2回に増やしていきましょう。

 

離乳食を進めるうえで大切なのは、味付けと素材の選び方です。

 

離乳食中期になると、ある程度の味や舌触りが理解できるようになります。

 

濃い味付けになれてしまうと内臓に負担がかかってしまいますし、味覚が育ち難くなります。

 

そのため、調味料を使う際には風味づけ程度に抑えます。

 

もぐもぐ期においての離乳食のレシピでは煮る、ゆでてつぶす、ほぐす、ということが基本です。炒めるなどの調理法はこの時期ではまだ早いです。

 

また、もぐもぐ期は食材本来の味を学びます。野菜に関してもスーパーで販売されているものは品種改良によって食べやすくなっており、野菜独特の風味が無くなってしまっている場合があります。また、虫がつかないよう薬を使用している場合もあります。

 

赤ちゃんは内臓の働きが十分でないのでできるだけ有機野菜を利用すると良いでしょう。

 

有機野菜はそれぞれの野菜本来の味を知ることができ、味覚を育てることもできます。

 

また、旬の野菜は栄養価も高く栄養面でも様々なことに効果があります。彩もよく、味覚だけでなく、視覚の面でも刺激となり、いろいろなことを学ぶことができるので、いろいろな野菜をレシピに取り入れると良いでしょう。

 

もぐもぐ期になると食べられる野菜も増えます。彩を楽しみながら進めていくと子どもも食に興味を持つようになります。